漫画家志望者の素人でも、編集者に対して謙遜する必要はない理由

スポンサーリンク
たろう
ちなみにだが
就活で学んだんだけど
内定に向かってボール投げてるやつはいつまでも内定取れない
俺は六個かな?内定取って就活辞めました
どこにボールを投げてたでしょうか?

ピヨろう
大手

たろう
0点

ピヨろう

わかんない

たろう
えー

ピヨろう
社長

たろう
もっと文章でおいで

ピヨろう
うーん

たろう
考察力ないと1人で漫画かけないぜー
ピヨろう
知識がないかも

たろう
逃げっすか

ピヨろう
じゃあ待って

たろう
しかも別に難しいことじゃない
今の知識で充分なはず

ピヨろう
志は高くもてってことか、他の人とは違うところを見てろってことだと思うんだけど

たろう
30点

ピヨろう
わかった
雇用者
内定という結果じゃなくて、的な

たろう
6点かな

ピヨろう
えー

マーマー
僕も社長だと思ってた笑
「10億円稼ぐ」とか?

たろう
もう正解言うとですね
“私は御社を利用してこれを実現したい

というところにボールを投げてたんですね”

たろう
あんたたちにも得ですよ
それがビジネスの呼吸なんだと思うんですよぼくは
というわけでじゃあこれを漫画に当てはめるとどうでしょう?

ピヨろう
この漫画載せれば雑誌売れるよ?

たろう
75点
雑誌が売れるかどうかは
編集としては割りとどうでもいい

ピヨろう
なるほど、

たろう
ズバリ
おまえをふくへんにしてやるよ
ていう
ヒットをあげる

ピヨろう
なるほど

たろう
編集を論破して
ヒットあげる

ピヨろう
ふむ
俺どうにかして雑誌に載せてもらおうって感じでした

たろう
間違ってるね
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

漫画家&ブロガー集団。現在、新都社にて完全無料WEBコミック「間の間」を連載中。年齢や国籍にとらわれない、自由な人生を夢見て日々飄々と面白いことやっていきます。