超カンタン!固い文章を面白くリライトする方法

スポンサーリンク

ドバルダーン!!!

セルビア語のあいさつを済ませたところで、
今日は誰にでもすぐできる面白いの文章の作り方を伝授します!

「鋭い意見を思い付いたけど、文章が、固くなってしまう・・・」

「伝える価値のある情報を書けているけど、なんか淡々としていて面白くない・・・」

そんな人のために、今日はオモシロ文章に変化させる方法をお教えします!

1. 擬音

テレビのプロデューサになったつもりで、音をズバッと入れましょう。

カーディガンを背中にササっと羽織りましょう。

そうすれば、ピューっとあなたの文章が面白に早変わり!

ピエー!それだけでいいの?

いいんです!(楽天カードマン風)

2. 若者言葉

これテストに出ます。マジで

若者言葉つかってきましょー

「いや子供心なんて知らんし・・・」というオッサンでも大丈夫。

別にリアルな若者を演じる必要はないです。

死語使ったっていいんです。

チョベリバとかアッシーとか使ったってモーマンタイ

大事なのは若者を演じるのではなく、面白文章を作ることなのだから。

3. 大げさ

数字が出てくるセクションでは、
とりあえず増やしたり大きくしたりしてみましょう。

さあ、みんなで願望を叫びましょう。

「「「「5000兆円欲しい!」」」」

4. 時事ネタ

流行りのネタをぶっこんでいきましょう。

KADOKAWAから追放された「けものフレンズ」たつき監督、
小池百合子の「希望の党」に参戦か!?

あ、脈略のない嘘を言っちゃダメですね。。

5. 台詞

「そうか、台詞を入れて文章を生き生きさせればいいのか!」

「例文書くの飽きてきた…」

まとめ

  • 擬音
  • 大げさ
  • 若者言葉
  • 時事ネタ
  • 台詞

これで文章を面白くデコってやりましょう。

そして輝くウルトラソウル!!

もっと勉強したい人へ

この本、マジでイル。

実践編

具体例を寄こせ!という方はこちらへ!

【実践編】超カンタン!固い文章を面白くリライトする方法

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

漫画家&ブロガー集団。現在、新都社にて完全無料WEBコミック「間の間」を連載中。年齢や国籍にとらわれない、自由な人生を夢見て日々飄々と面白いことやっていきます。