サッカー・久保建英ってすごいの?W杯サムライの救世主?観戦方法は?

スポンサーリンク

W杯まで残り半年…。韓国相手にあの体たらくで本当に大丈夫なのでしょうか?

と思うサッカーファンは多いはず。なんというか監督の目を気にして自分をうまく出せないという、日本人特有のメンタリティが実際の実力以上の差を生んでしまったっていう気がします…。

「和」を尊ぶ日本人のメンタリティの悪い所が出ちゃってるなあと感じます。

それ故かもしれませんが、日本人選手には「一人で状況を覆す選手」や「数人のDFがいても一人で持っていって決めてしまう選手」というのが先祖代々少ない気がします。

かつてキングカズがボールを持っている時にうちの親父が「カズ!!持ちすぎ待ちすぎ!!」と叫んでいたのを思い出します。
今思えばカズはドリブルで切り込むか、そのままシュートを打つか、どこにパスをはたくのが最善か、考えながらプレーしていたのではないかななんて勝手に思います。
そこには「俺がなんとかしてやる!」っていう覇気みたいなものがあったんじゃないかなあ。
日本人選手は世界の第一線てわけではないけれど、1,5線くらいで活躍してる選手はいっぱいいます。本田、香川、岡崎、長友、大迫、長谷部…etc.
単純計算でW杯ベスト16、組み合わせ次第でベスト8くらいの力はあるはずなんです。なのにW杯で勝てないのはそのへんに原因があるのでは…?と思います。

しかし!そんな部分を差し引いても期待できる新人が出てきています!皆さんご存知
久保建英(クボ タケフサ)選手(16)!!
世界トップクラブのひとつ、FCバルセロナからFC東京へ!!
久保は16歳でありながら一瞬の閃きやボールを持った時の安定感がやはり抜きん出てますよね!ボールタッチした瞬間「次は何するんだ?」とドキドキします。そんな選手は最近珍しいですよね。
しかしそうなると「オフ・ザ・ボールでの動き」にも興味が出てきます。…けどTVじゃ見れないんですよね…。

久保選手の活躍を見るにはFC東京で!

サッカー観戦、いかがでしょうか? テレビやサッカーバーとは全く違う、サッカーの楽しみ方がここにあり、って感じです。

W杯を控えて、予習しておくと楽しいですよ。

筆者は2002年、日韓W杯ベルギー戦をなんとスタジアムで見ました!ベルギーのFWヴィルモッツがゴールを決める瞬間、GK楢崎が「ん…!!」と息を吐いて飛んだのですが…一歩及ばず…悔しそうな表情や息遣いまで記憶に残っています。ちなみに中田に指示を出していたのは私(だと思っている)です。
ゴールの瞬間は全く見知らぬ人と歓喜の抱擁。声枯れました…。試合後はベルギーの応援団と一緒に写真取ってハグしてきました。まあ引き分けだったからできたことかもしれませんがww

スタジアムにはスタジアムの楽しみ方があるんだなあと実感しました!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

漫画家&ブロガー集団。現在、新都社にて完全無料WEBコミック「間の間」を連載中。年齢や国籍にとらわれない、自由な人生を夢見て日々飄々と面白いことやっていきます。