ビリヤードの面白さが分からない人へ

スポンサーリンク

ビリヤードがつまらない!?

昨日、エクセルでコーヒーブレイクしていたら、

高校生たちが「ビリヤードって、つまらなくね?」という話をしていました。

やれかっこつけだとか、役に立たないとか、サッカーの方が面白いだとか。

うるせえな。子供は外で遊べ。

TicTokでマジ卍してろ。

まあ、サッカーも面白いですけどね。「オタクにサッカーは難しい」というコラムを書いてるのでそちらもどうぞ。

オーケイわかった、確かに君たちはビリヤードに向いていない。

とはいえ僕も君たちの頃にはビリヤードは30分で飽きると思っていた。

だけどね、大人になると、ビリヤードの面白さがちょっと分かるのだよ。

というわけで二十代も中盤のブロガーがビリヤードの面白さを語ってみます。

ビリヤードの面白さ

酒を飲みながら遊べる

さあ、どうだ高校生ども。

君たちにビリヤードの面白さが理解できない理由が分かったか。

基本、娯楽としてのビリヤードはお酒を飲みながらプレイする前提で作られています。

そして、ビリヤードのゲーム性は、ほろ酔いで遊ぶのに非常にちょうどいいのです。

で、このゲーム性が、逆に素面で遊ぶには退屈と思われてしまうところなのだと思います。

僕ほどに拘りだすと、バグースがスーパードライしか提供しないことに不満を覚え出します。

僕はエビスが好きなので。単品で買うと高いのでAmazonパントリーでセットで買ってます

スポンサーリンク

雰囲気に酔える

出た〜!そういう抽象的な言葉でしかビリヤードの良さを語れないのか。

などと論破しようとしてくる輩が発生しそうですが、ちょっと待ってください。ちゃんと理由はあるのです。

雰囲気に酔えると何が良いか。

それは、とにかく考え事が捗るということです。

アイデアはリラックスしているときが一番出る。

雰囲気の良い場所では建設的な会議が捗ると言います。この本↓に書いてありました。

ブログのネタとか、新しいWebサービスとか、人生について考えたりしています。

お金も時間も手間もかからない

ビリヤードにはマイナス面がとても少ないということを述べたい。

平日の夜のちょっとした時間で運動できる。

また、着替えが不要で、寒さや汚れとも無縁。

一人でも出来るし、みんなでも出来る。

正直、運動をしなかった場合の健康被害を考えればむしろ黒字という説すらある。

平日の夜に運動なんかするわけがないしね。

程よい運動になる

子供は外で遊ぶからね。

部活もあるし、体育の授業もあるし。

そういうのがない大人は、マジで運動しないんです。

ビリヤードは特定の筋肉を酷使しないので次の日に響かない。

1時間玉突いてると程良い疲れに覆われます。

ダーツは腕を酷使するので僕はビリヤード派。

ビリヤードは面白い

はい、以上です。

ビリヤードの楽しさが少しでもお分かりいただけたでしょうか。

みなさんの周りでビリヤードがつまらない、と言っている不届き者がいたら、ぜひこの記事をシェアしてくださいね。

それでは。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

漫画家&ブロガー集団。現在、新都社にて完全無料WEBコミック「間の間」を連載中。年齢や国籍にとらわれない、自由な人生を夢見て日々飄々と面白いことやっていきます。