個人間送金(投げ銭・寄付)サービスまとめ

スポンサーリンク

何か作ったらインターネットに公開して、寄付の窓口を作ろう

インターネットで作品を公開する際に、寄付を募るということが出来る時代になりました。

日本はもともとチップ文化のない国ですが、クリエイターの間では徐々に広まりつつあります。

色々なサービスがあるので、相応しいサービスを探してみましょう。

  • note
  • 仮想通貨
  • Line Pay
  • Kampa
  • ユグドア
  • Kyash
  • polca
  • Osushi
  • Amazonほしい物リスト

note

「クリエイターが活躍できる市場をネット上につくります」

これをコンセプトに、作品の公開プラットフォームと投げ銭フォームが一体になったものです。

メリット
  • 利用者が多い
  • 登録してなくても購入可能
  • ブログの代わりとして使える
デメリット
  • 手数料が他と比べると高い(3割)

仮想通貨

「仮想通貨」とは円やドル以上に利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られたものです。

口座の解説さえ済めば、世界中簡単に送金ができるようになります。

取引所の違いは問題ありません。

メリット
  • 利用者が多い
  • 海外からの送金も可能
  • 値段が変動する
デメリット
  • 登録に本人確認が必須で、すぐに使い始めることができない
  • 値段が変動する

LINE Pay

LINEの友達同士で送金出来ます。

メリット
  • 送金手数料が無料(出金は手数料216円必要)
デメリット
  • 送金にはLINEで友達になる必要がある

Kampa

Amazonの商品を購入するためにカンパを募るアプリ。

投げ銭のように使うことも出来るようです。

メリット
  • 手数料無料
  • Amazonアカウントがあればすぐ寄付ができる
デメリット
  • 現金で受け取ることは不可能(Amazonギフトカード)

ユグドア

ユグドア

Webサイトに寄付出来るWebサービスです。

メリット
  • webサイトに寄付する形になるのでアカウント管理が楽
  • 寄付する側はアカウント登録不要(ただし支払い情報の入力が必要)
デメリット
  • 送る側はURLを入力する必要があり、手間

Kyash

Image result for kyash

「買い物も割り勘もスマホ1つで」

送金アプリのスタンダードを目指しているアプリです。

メリット
  • 送金手数料無料
  • アプリをインストールしている人同士では簡単に送金が可能
  • 1円単位での送金が可能
  • 決済額の2%ポイント還元(2018年5月現在)
デメリット
  • 出金は2018年6月現在不可
  • 送金にはお互いにアプリのインストールが必要

Osushi

Image result for Osushi

「お寿司は日本の心です。頑張っているあなたにお寿司は集まります。」

純で粋な投げ銭サービスです。

メリット
  • アプリのインストール不要。リンクを公開して受付。
  • 受取側は手数料なし(送金する側が10%掛かる仕組みです)。
デメリット
  • 現金で受け取ることは不可能(Amazonギフトカード)

できなかった方法

PayPal

PayPalは日本では個人間送金できません。

解禁されれば海外とのやりとりも出来るんですけどねー。

Apple Pay

PayPalと同じく日本では送金できません。

銀行口座番号をインターネットに公開する

法的にNGです(乞食行為)。

Paymo

割り勘アプリで、レシートの撮影が必須。

そのため、投げ銭目的で使用することは難しそうです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

漫画家&ブロガー集団。現在、新都社にて完全無料WEBコミック「間の間」を連載中。年齢や国籍にとらわれない、自由な人生を夢見て日々飄々と面白いことやっていきます。