新川・佃から隅田川花火大会を見るなら「パリ広場」へGO

スポンサーリンク

なんだここは!?

隅田川花火大会はどこから見るのがいいのか。

東京に住むなら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

何気なく地図を見ていると、何やらすごそうな場所がある。

隅田川の下流、 分岐する場所があります。

ちょうど目線の先には隅田川花火の打ち上げ場。

これは行ってみるしかない!

どこ?

中央区は佃・石川島公園の「パリ広場」。

佃は、佃煮の聖地です。

八丁堀駅(日比谷線・京葉線)から徒歩15分。

あるいは月島駅(大江戸線・有楽町線)から徒歩15分。

駅近では決してないですが、意を決して歩きます。

道中は良い雰囲気です。

中央大橋で。スカイツリーが真正面に!

近所にスーパーがあるので、 ビールとおつまみを買って向かいます。

ついた!

船のデッキみたいです。そして目の前には屋形船が!

想像を超えてきた感じがあります。

何分前に着けばいいのか?

僕は15分前に着きました。

河川敷がズラーっと広がっているので、好きな場所に座りましょう。

5分前に行っても大丈夫。

見てる間にも人が増えてきます。

人はどれぐらい来るの?

中央大橋の様子。

多すぎず少なすぎず。

うるさすぎず静かすぎず。

めちゃめちゃちょうどいい感じです。

花火はどれぐらい見えるの?

こんなもんです。

花火を本気で見るならちょっと物足りないかもしれません。

ですがど真ん中に見えるのは良い!

それに雰囲気を味わうには絶好です。

隅田川、屋台船、スカイツリー。

どれも最高です。

行ってみた感想

夏は好きだし、花火は好きだけど、そのために人混みでごった返してうるさい場所に行くのは、なんだかちょっと風流じゃない感じ。

そういう意味で、小さな花火だけど、川から吹く風も気持ちがいいし、冷涼を少しだけ感じるには最高のロケーションでした(いえ実際は全然暑いんですけどねw)。

穴場と言っても、いいんじゃないかなあと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

漫画家&ブロガー集団。現在、新都社にて完全無料WEBコミック「間の間」を連載中。年齢や国籍にとらわれない、自由な人生を夢見て日々飄々と面白いことやっていきます。