VR(Oculus Go)の唯一面白いアプリ「THETAで撮った画像/動画をOculus Goで見る」

スポンサーリンク

VRあんまりハマってなかった、けど……

「Oculus Go 買ってみたけど つまらない」

思わず詠んでしまった。

うーん、やりたいコンテンツが何も無かったんですよね。

僕そもそもゲームやらない人ですし、車酔いを結構する方なので。普段使いのAndroidアプリ使えるのかと思ったら使えないし、もっと和製のコンテンツがあれば良いなとも思うんですけれども全然ない。

まあNetflixとYouTubeの観賞用には悪くないかなー・・・

・・・と思ってたのですが、

ですが!!

「VRってすげー超面白い」

僕でもそう思えたコンテンツを発見しました!

「THETA(360度カメラ)で撮った画像をOculus Goで見る」

これな。

まさかの無料コンテンツ。灯台下暗し。いやTHETA代は掛かってるけど。

ちなみにOculus GoでなくてもダンボールにスマホセットするタイプのやつでもOKです。

旅行の写真を(動画も)THETAで撮って、家に持ち帰ってVRで鑑賞会。

そこに居た時の記憶が鮮明に蘇ります。

みんなで撮ったときの写真も。

自撮りもできますし。

THETAで撮った写真を見ていると、いかにスマホで撮る写真がレンズの関係で歪んでいるかが分かってしまいます。

「自分ってこんな顔だったのかー」という発見があります。

もう戻れません。

でもTHETAってお高いんでしょ?

レンタルもできます!

空港で wi-fi サービスのオプションとして全天球カメラをレンタルすることができます。

海外WiFiレンタル|フォートラベル GLOBAL WiFi

あれは直近で旅行の予定がない人は DMM でレンタルするのが良いでしょう。

【リコー/全天球カメラ】RICOH THETA V【リコー/全天球カメラ】RICOH THETA V

購入するなら

もし購入するのであれば、廉価版のTHETA SC が2万円ちょいで買えます。

一番高いモデル(THETA V)はなかなかいいお値段。

VRは?

全く使ったことのない人はまずカードボードを使ってみるのが良いでしょう。

1000円程度から購入できます。

Oculus Goはこのお値段ですが、いちいちスマホを差さなくて良いというメリットは大きいです。

鑑賞方法

Oculus Goの場合は、本体にコピーすればOKです。詳しい方法は他のサイトを見てみてください。

Cardboardを利用した場合は、THETAで撮った画像をGoogle フォトに上げれば、プレビューで360度表示ができます。

スポンサーリンク

所感

僕はこの「THETAで撮った画像/動画をOculus Goで見る」という楽しみがもっと広まって欲しくてこの記事を書きました。

VRを売っている人も、この楽しさをもっとアピールした方がいい。

面白さが無限大に広がる予感がしました。

「VRは女性受けしない」

新しい技術が登場するとすぐこういうことを言う人間がいます。

そういう物言いをする人の方がかえって女性をバカにしているのではないでしょうか?知らんけど。

「パソコンは女性受けしない」と言われて久しかったが今となっては彼女らは手のひらサイズのパソコン、すなわちスマートフォンを使いこなしているし、女性はゲームをやらないという空気をソシャゲは完全にひっくり返した。

誰に彼に受けないとか簡単に言うが、できない理由を述べるよりも、できる方法が何かないか考えることがイノベーションなのですよ。

まずはカードボードでいい。

筆者はGear VRとOculus Goにはあまり差分を感じていないので、GalaxyのユーザはぜひGear VRを使うと良いと思います。

上でも書きましたがスマホのカメラはどうしても歪んでしまいます。

この歪みを矯正するのがSNOWをはじめとしたプリクラ風味のカメラですが、360度カメラを使えば歪みからも矯正からも解放されます。

「ありのままの自分を見る」という体験、一度味わってみては? VRと360度カメラで。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

漫画家&ブロガー集団。現在、新都社にて完全無料WEBコミック「間の間」を連載中。年齢や国籍にとらわれない、自由な人生を夢見て日々飄々と面白いことやっていきます。