今日の洋楽:CTEPEO’57「Sputnik Ⅰ」(2013)

スポンサーリンク

1957年と言えば、ソビエト連邦が合衆国に先駆けて人工衛星・スプートニク1号を宇宙に送り届けた年。

宇宙開拓の始まりの年である。

音がないはずの宇宙をテーマに据えた懐かしくも新しいサウンド。

「90年代にソ連は火星に到着している」「冷戦は今でも続いている」

荒唐無稽なことを言ってのける彼らの今後の作品・・・果たして出るのか?

“CTEPEO” はロシア語でSTEREOの意。

キリル文字ではSの音はCと書き、Rの音はPと書く(USSRとCCCPの関係ですね)。

ちなみに彼らはデンマーク人。所属する「tartelet-records」は、デンマークのイケてる若手を多数輩出しているレーベル。

【感想】『いまさらですがソ連邦』刊行記念座談会 旧東側マンガのつくりかた@阿佐ヶ谷ロフトA

2018.11.14

「テクノ」「トランス」「EDM」「ハウス」「エレクトロ」「エレクトロニカ」あたりの違いをはっきりさせて俺が次に聴く音楽を決めたい

2017.08.05
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

漫画家&ブロガー集団。現在、新都社にて完全無料WEBコミック「間の間」を連載中。年齢や国籍にとらわれない、自由な人生を夢見て日々飄々と面白いことやっていきます。