電車の中でも出来る!ボイストレーニング1つ

スポンサーリンク

結論

腹式呼吸です。

 

腹式呼吸って何?どうやるの?

イラスト  イラスト

腹式呼吸のやり方
https://www.med.or.jp/komichi/holiday/sports_02_pop.html

この図は非常に分かりやすいです。

鼻・口・肩・胸に力を入れて呼吸するのではなく、

腹に力を入れて、膨らませたり、縮めたりすることで自然と呼吸が出ていくようにします。

 

腹式呼吸の重要性

声が大きくなります。

声が通ります。

大声を出そうとするのではなく、地声を大きくできます。

呼吸法を変える意識を持つだけで声の大きさが明らかに変わります。

その上で、腹式呼吸をして、横隔膜周りの腹筋を鍛えると、更に声は通るようになります。

ボイストレーニングでも、第一に習うのが腹式呼吸です。

声の大きさは呼吸の大きさで決まります。

 

ボイストレーニングで声を大きくする方法

息を出し切りましょう

それだけで十分です。

息を出し切ろうとすると、自然に腹に力が入るはずです。

腹から息を出し切ることで、横隔膜周りの腹筋が鍛えられ、肺活量が増します。

 

よくある誤解

腹式呼吸に必要な腹筋を鍛える方法は、腹式呼吸によってのみです。

腹筋運動や、有酸素運動によって鍛えることは出来ません。

(水泳で潜水して息を出し切る場合は別ですが)。

 

どこでも出来る腹式呼吸

電車の中でも、

お風呂の中でも、

ミーティング中でも、

風邪を引いていても、

どこでも出来るのに、

ボイトレにおいて絶大な効果を持つのが腹式呼吸です。

 

まとめ

「ボイストレーニングをしたい」

ふとそう思ったら、まず腹式呼吸を徹底することから始めてみましょう。

それ以外のことは、少しずつ学んでいけばいいのです。

 

著者: tarotaro

会話専門のボイトレスクールに習っています。

滑舌と声量の克服を目指して訓練中です!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

漫画家&ブロガー集団。現在、新都社にて完全無料WEBコミック「間の間」を連載中。年齢や国籍にとらわれない、自由な人生を夢見て日々飄々と面白いことやっていきます。