Pixel3反省会会場〜高いし微妙すぎた〜

スポンサーリンク

う〜ん、イマイチ!

まんをじしてGoogle Pixel3が発表されました。

Pixelシリーズはこれまで日本で出ていなかったためにネットでの注目度は高かったです。

ですがその前評判とは裏腹に、ネットは賛否両論です。

高い?

Pixel3 64GB 95,000円
Pixel3 128GB 107,000円
Pixel3 XL 64GB 119,000円
Pixel3 XL 128GB 131,000円

ネットでは高い!と言う感想が多いです。

昔Googleが販売していたNexusシリーズと比べると確かにPixelシリーズは高いです。

ですがこれはNexusと比較するからであり、PixelはあくまでiPhoneやGalaxy S(Galaxy Note)やHuawei Pシリーズなどと肩を並べるハイエンドスマホ。

価格帯としてはこれらと大差ありません。

高級路線ならこんなもんです

2018年10月現在のハイエンドスマホの価格

iPhone Xs 121,824円
Galaxy Note9 103,906円
Huawei P20 Pro 65,500円
Galaxy S9 72,880円
スポンサーリンク

それよりもスペックが・・・

いやですね、価格はいいんですよ。

Googleの本気を詰め込んだスマホであるなら、消費者である我々も全力で応えたい。むしろ中途半端に安くして妥協などしないで欲しいすら思います。

ですけどね、

ですけどね!!

このスペックはあまりにもあまりにもなんじゃないでしょうか

CPUこそSnapdragon 845というハイエンドモデルですが、それ以外です。

一番高いモデルですがこれです。

一番高いモデル
  • メモリ4GB←これ
  • バッテリー3430mAh
  • iPhoneXシリーズと比べても深いノッチ・ベゼル
  • シングルカメラ

一番安いモデルに至ってはもはやハイエンドスマホなのか考えてしまうレベル。

一番安いモデル
  • メモリ4GB
  • バッテリー2915mAh
  • iPhone8、Xperia並みのベゼル
  • シングルカメラ

日本未発売ですが、Galaxy Note9の高い方のモデルのスペックはこれ。

Galaxy Note9 128,280円(Expansys価格)
  • メモリ8GB
  • バッテリー4000mAh
  • ベゼル小(Infinity Display)
  • ストレージ512GB
  • デュアルカメラ

考察

まあ、はっきりしたのはGoogleはハードを本気でやる気はなさそうだということです。

もっと本気のハイエンドと思いきや、蓋を開けてみると値段の高いNexusだったと言う感じです(ん〜でもPixel2 XLはもっと頑張ってなかったか?)

アップル・サムスン・ファーウェイの牙城を切り崩しにいく気は感じられませんでした。

Googleは検索・広告・アプリプラットフォームを抑えており、ハードを真面目にやらなくてもいい収益モデルなのです。

端末を売らなきゃいけないサムスンやHUAWEI、

端末の売上(シェア)がそのままアプリプラットフォームの売上に直結するAppleとはまた事情が違うわけです。

Google社の中で優秀な人はソフト屋やってるんだろうなあ。

ですがソフト面では期待

というわけで、Googleはソフトに全振りする決意表明をPixel3であらわにしたわけです。

Googleは決してタダでは転ばないですから(Google+?なにそれ美味しいの?)、Pixel3を持っていればこれから色んなアップデートがありワクワクできるでしょう。

ハード面は買った瞬間がピークですが、ソフトは後から進化しますからね。

そういう意味ではソフト派のガジェットクラスタ、Googleに信仰心持ってる人にとってはこれからが楽しみな端末でしょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

漫画家&ブロガー集団。現在、新都社にて完全無料WEBコミック「間の間」を連載中。年齢や国籍にとらわれない、自由な人生を夢見て日々飄々と面白いことやっていきます。