滑舌のトレーニングで真っ先に叩き込まれる1つのトレーニング法

スポンサーリンク

結論

「らならならな…」

と息が切れるまで言い続けましょう。

他のトレーニング方法との比較

よく、舌を高速で上下、左右、前後に動かすトレーニングが紹介されておりますが、

これは舌の根元を鍛えるトレーニングです。

対して、本記事で紹介するのは舌先のトレーニングです。

更に強度を高めるために

顎を使わないようにしましょう。

あくまで舌先のトレーニングです。

「ならならなら」にならないようにしましょう。

「らんならんならんな」にならないようにしましょう。

著者: tarotaro

会話専門のボイトレスクールに習っています。

滑舌と声量の克服を目指して訓練中です!

 

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

漫画家&ブロガー集団。現在、新都社にて完全無料WEBコミック「間の間」を連載中。年齢や国籍にとらわれない、自由な人生を夢見て日々飄々と面白いことやっていきます。