iKnowとスタディサプリ英単語。比較したらiKnowでした

スポンサーリンク

英単語アプリやるなら、iKnow一択!

無料のアプリ(Duolingoやスタディサプリ英単語)と有料のアプリ(iKnow)を比べてみたのですが、やはり有料のアプリは使用感が全然違います。

月1000円ほどしますがまあ英語身に着けるならそれくらいの出費はしゃーなし(この記事の最後にお得に使う方法を紹介します)。

結局身につかない英語に時間を掛けるくらいなら、時間をお金で買うという思想を持った方が良い。

iKnowのどこがすごいか?

できていない単語の重み付け

これがでかい。

全然できていない単語は何度も何度も繰り返し出てくる。

スタディサプリ英単語は、解く問題を自分でカスタマイズすることができるがそれははっきり言ってめんどくさい。

脳科学に基づいた出題を勝手にやってくれるiKnowの方が素晴らしい。

問題を解く以外の作業は何もしたくないんですよね。

一度正解しても再度出題される

これも結構重要。

たまたま正解しただけの 単語がもう二度と出て来ないっていうのは結構不安になる。

正解したものをもうまた出てくる、ただし頻度は下がる。

このバランスがちょうどいい良く計算されていると思う。

AI の脅威を感じる。

読み書き聞き、バランス良くできる

聞いて4択クイズに答えるだけのスタディサプリ英単語に比べて、読み書き聞き全部やらされるiKnowはすごい。

色んな角度で解いた方が確実に記憶の奥底まで刻まれる。

書けないと真に覚えたとは言えないですからね。

テンポが良い

スタディサプリ英単語はなんかもっさりしてるんですよね。

それに比べてiKnow極めてシンプルなUIだけどテンポが良い 遅いととにかくやる気がなくなる。

とにかく早く早く学びたいんですよ。

そういった密度濃く濃い勉強をしたい人にはオススメ。

iKnowをお得に使う

iKnowは普通に使ってもいいですが、確実にお得に使う方法があります。

それがDMM英会話を使う方法です。

DMM英会話に登録すると、iKnowを無料で利用することが出来ます。

英会話レッスンと合わせて英語を強化するとより効果てき面です。

僕はDMM英会話とiKnowのセットで勉強しています。

「瞬間英作文」と「英語喉」はオンライン英会話の副読本として読んでおけ!

2018年7月10日
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

漫画家&ブロガー集団。現在、新都社にて完全無料WEBコミック「間の間」を連載中。年齢や国籍にとらわれない、自由な人生を夢見て日々飄々と面白いことやっていきます。